食宅便と自炊、それぞれのメリット・デメリットを比較!

 

健康食をレンジで温めるだけで食べられる弁当宅配サービス「食宅便」。

 

美味しいお弁当は食べられるのは良いですが、もちろん料金が発生します。

 

食宅便の冷凍のお弁当の価格は、およそ「1食 500円以上」。

 

 

自炊と比べると、少し高くなってしまうと思います。

 

価格だけみると、自炊の方が安上がりだし良いように思えますが、料理を作ることの手間暇を考えるとそうでもないことが見えてきます。

 

 

自分で料理を作るとすると、メニューを考えることからはじまります。

 

肉or魚、また和食or洋食、メイン料理だけでなく、副菜や汁物も作るとなると、様々な食材が必要となります。

 

 

メニューが決まれば、食材の買い出しです。

 

冷蔵庫にあるもので作る場合は良いですが、足りない食材は買いに行くなり、ネットスーパーで購入するなりしないといけませんよね。

 

 

買い出しが終われば、いよいよ調理です。

 

手際よく、様々な種類のおかずを効率よく作り、盛り付け、食事が終われば、食器・調理器具の後片付けもしなくてはいけません。

 

 

やっと1食作り終えた、と思ったら次の食事の献立を考えて・・・。

 

と、慣れないうちは、一日中食事のことを考えているという方もおられるかもしれません。

 

 

自炊をするとなると、それだけの手間暇がかかるんですね。

 

 

ましてや、病気やダイエットなどで「カロリー制限」「糖質制限」「たんぱく制限」が必要な方は、これ以上の労力が必要となります。

 

制限食を作るには、知識や計算が必要ですから、さらに大変だと思うんです。

 

 

その点、食宅便だと「カロリー制限」「糖質制限」「たんぱく制限」がされた料理を、レンジで温めるだけで食べることができます。

 

毎日、制限食を食べないといけない方は、食宅便のお弁当の価格は、決して高くないと思います。

 

 

もちろん、自分できちんと調理することができる!と思う方は、自炊でも良いと思います。

 

ただ、少しでも大変そうだと感じた方や、「毎日続けるのは無理かも・・・」「忙しい時の為に、冷凍庫にお弁当があると安心できる」という方は、一度試してみると良いと思います。

 

 

美味しい健康食を、手軽に食べられる「食宅便」。

 

興味がある方は、下記リンクより詳細を確認してみてくださいね!

 

詳細へ⇒健康食を温めるだけで食べられて便利!食宅便